殆どの方は、「自分は写真映りが良くない」という思い込みや、写真撮影の仕方が悪かったりする場合が多いと思います。本当にそうなのかカメラマンの立場から考えてみました。

どうして写真映りが良くないのか

写真撮影の仕方や条件が悪い例として

  • 晴れた日に太陽の強い日差しで顔に影が出来る
  • 晴れた日に逆光で顔が暗く写る
  • 写真撮影の時の表情が上手く出来ない。表情が硬い
  • 服装がパッとしない、服が地味
  • 髪型を気にしない
  • 普段、ノーメイクが多い
  • 撮影する時の背景が綺麗な場所でない
  • シャッターを押すタイミングで、良い表情になっていない

この様な条件だと、誰が撮影しても「写真映りが良くない」という写真になります。そうならない様にする為には、

写真映りを良くする為には

  • 鏡の前で表情の練習をする(自分の素敵な表情を発見しましょう)
  • やや曇り空ぐらいの方が、顔が綺麗に映ります(顔に強い影が出にくい)
  • シャッターのタイミングが合わない時は、何度か撮り直すか、動きながら連写で撮影
  • お洒落な服装を心掛けましょう(安くてもセンスの良いもの、明るい色の服)
  • メークの仕方も色々研究してみましょう
  • 目元の印象を変えると、かなり変わります。人はまず目を見るから。
  • 髪型を変えると、かなり印象が変わります

綺麗な場所に出かけて写真を撮ってみましょう。

これらが出来れば、綺麗な場所に出かけて写真を撮ってみましょう。例えば、綺麗な風景を背景に写真を撮ったり、綺麗な建物やお洒落な建物、花畑や緑の綺麗な場所など、背景はとても大事です。 綺麗な風景を見つけて写真を撮れば、きっと良い写真になります。

最後に、非常にごく稀ですが「写真映りの良い人」もいます。写真の撮り方に影響せずに実際に見ているよりも、撮影した写真を通して顔立ちやスタイルがバランスよく見えます。しかしそういう人は滅多に居ません。テレビ映りが良い人なども同じかもしれません。普通の人は、上記の要点を試してみてはいかがでしょうか。

写真映りの良い人、動画映りの良い人

面白いことに動画映りの良い人が、写真で撮ってみると、そうでもない事があります。インスタなどのSNSを観ると判るかもしれません。動画で映っている時にはとても輝いているのに、写真を見るといまいち、悪くはないけれど、凄く良くはない。止まっている時の表情より、動いている時の表情が良いのでしょう。
写真映りが良くないと思っている方は、動画で撮影してみると良い表情になるかもしれません。スマホの写真と動画で試してみましょう。見比べてみると自分が、写真映りの方が良いか?動画映りが良いのか?判ると思います。

●関連記事
写真で顔を小顔に撮るには