写真撮影の依頼を請ける場合に、時々、参考イメージ写真を見せていただく事があります。文章や口頭で説明を受けるよりも判りやすいですが、逆に落とし穴もあります。今回はこのような場合について書いてみたいと思います。

参考イメージ写真で、撮影イメージをカメラマンに伝える

一般的なプロカメラマンであれば、依頼者のイメージする参考イメージ写真を見れば、殆どのカメラマンが、その写真がどうようなライティングで、どのようなレンズで、撮影に必要な機材や撮影ポイントなどが判るでしょう。合成された写真の場合もあります。

しかし、プロカメラマンの参考イメージ写真の見方と、一般の方の参考イメージ写真の見方は違いがあります。これが参考イメージ写真を見せてもなかなか撮影イメージが伝わらない原因かもしれません。

クライアント側としては、参考イメージ写真の一部、あくまでライティングや全体の色調の参考として、その参考イメージ写真を見せたのかもしれません。または、ポーズだけの参考イメージかもしれません。
カメラマンとしては、参考イメージ写真の意図するポイントをクライアントとよく詰めてから、撮影すると上手くいくと思います。頭の中のイメージを伝えるのは、難しいものです。

関連ブログ
撮影イメージをカメラマンに上手く伝えるには
撮影イメージをカメラマンに上手く伝える・その2