zoom

コロナウィルスの蔓延で、ズームを使った仕事のやり取りも多い事と思います。一般的な打ち合わせだけにとどまらず、写真撮影の現場でもズームを活用したケースが徐々に広がっているようです。そこで実際にZoom会議で撮影チェックを体験したケースの問題点などここに記載したいと思います。

撮影現場で写真撮影しながらZoomでやり取りするとどうなるか?

パソコンからの音が、聞きづらい

ズームで一般的な打ち合わせならば、静な場所でやり取りするとか思いますが、撮影現場は色々な撮影機材や換気空調などの音、コロナ対策で部屋のドアを開けっぱなしにしていたり色々な騒音があってうるさいです。モデルさんは撮影中にマスクを外しますが、空調や空気清浄機も強めに設定しますので、特にうるさいです。Zoomの音の設定を変える以外に、パソコン内蔵マイクやスピーカーに頼らず、外付けのスピーカーやマイクなど検討する必要があると思います。

スピーカーフォンがあれば便利

マイク、スピーカー、音の問題が解決できればパソコンから少し離れても作業ができるので便利だと思います。スピーカーフォンは色々とzoom会議用として製品が出ていますが、無ければ検討してみてはいかがでしょうか? マイク、スピーカー、音の問題が解決できればパソコンから少し離れても作業ができるので便利だと思います。 zoom会議用という事なので、使いやすさやマイクの感度、ノイズ処理など良いかもしれません。これでパソコンの前から解放されて、やっと本来のカメラの前に立てるでしょう。マイク付きイヤホンという手もありますが、広いスタジオ内を移動したりするので長いコードでも使いにくです。 スピーカーフォンの方が良いです。

zoomの音の設定で大きくする

パソコンのzoomアプリの音の設定が小さくなっているからかもしれません。zoomのアプリで、パソコンの場合、設定画面を確認してみましょう。スピーカーからの音をMAXに、マイクの音もMAXにしてみましょう。これで音の問題はかなり改善されるはずです。

デフォルト設定だと、以下のようになっていません。音は小さいままでしょう。

赤い丸で囲った部分まで音のレベルを上げましょう。音が大きくなるはずです。

音の問題、自分だけならコレがおススメ

zoomからの相手の声が聴きづらい、こちらの声が伝わらない。パソコンから離れて撮影するとなると音の問題を解決しなければなりません。上記で記載したスピーカーフォンは、スタジオ全体にいる人とzoomの参加者とのやり取りには良いですが、もし、スタジオにいる自分だけで良いのなら、bluetooth対応のワイヤレス ヘッドセット イヤホン(マイク内蔵)のものが良いと思います。ケーブルが無いので、パソコンから離れていても撮影が出来て音声のやり取りも出来ます。よくドライバーさんとか耳に付けているやつです。
但し、zoomの向こうから「こうして下さい」と言われれば、その声は自分にしか聞こえないので、スタジオにいるモデルさんに同じ事を伝えなくてはいけません。

撮影に集中しにくい

写真撮影は、その場限りの現場なので、カメラや照明の設定、モデルさんとシャッターを切るタイミング、その他、問題がないか等々、考えながら撮影していますが、その撮影の最中にズーム画面越しに声をかけられると、その度に撮影が中断されてしまいます。例えるならば、野球の試合中にピッチャーの横にズームで繋がったパソコンがあって、一球投げる毎にズームから次に投げる球の指示が飛ぶようなものです。これだと集中出来ません。
ある程度、10枚、20枚撮った後にタイミングを取ってまとめてzoomで確認してもらう方がいいでしょう。

zoom会議で撮影画面をどう見せるか?

ズームが流行る以前から、スタジオ撮影の場合は、PCとカメラを接続してその場でリアルタイムに撮影の確認をする方法を殆どのカメラマンがやっていたと思います。なので、ズームの画面共有でその画面(ディスクトップ画面)を見せれば良いかと思います。それ以外に、HDMIケーブルでカメラの出力をキャプチャー(USB端子へ)するzoom会議用の機器(HDMIキャプチャーアダプタ)もあるようですが、あまり良くはありません。これは、パソコンのインカメ画像をzoomに流すのではなく、デジタル一眼を外部カメラとして使用接続し、その映像をzoomに流すものです。デジタル一眼からHDMIケーブル出力でカメラ映像をUSB(タイプC)ケーブルでPCへ取り込むことができるキャプチャーアダプタ。この撮影の場合はU-TapというHDMIをUSB変換できるキャプチャーアダプタを使用しました。カメラはCanon、これにカメラ側にはリモート撮影用のUSBケーブルも接続しています。

あまり良くないと言ったのは、モデル撮影の場合、ストロボやカメラの設定によってストロボが発光した際に最適なカメラ設定にしています。なので、デジタル一眼を外部カメラとして接続し、その映像をzoomに流すと、画面が暗めになります。写真撮影のためのカメラ設定であって、ズームに映す為の設定ではないという事です。

では、撮影以外は、ズームに映す為の明るめの設定にして、撮影の時だけ、撮影用の設定にすれば良いのでは?と思われる方もいるかと思いますが、撮影中の間違いの元になるのでやりたくはありません。

撮影中、カメラの前に立つ事は一回もなくPC画面見ながらリモート撮影

パソコンのzoom画面からの音声やマイクが聞きづらいので、結局、撮影中はPCの前から離れる事が出来ずに、PCの EOS Utilityのリモート画面を確認しながら撮影していました。zoom参加者側でもその撮影した写真をリアルタイムでチェック出来るので、それを見て参加者からすかさずzoomからの意見が入ってきます。

最初に考えていたのは、PCのインカメで撮影現場全体を映し出してzoomで見せると分かり易いかと思いました。と言うのも、 デジタル一眼を外部カメラとして接続し、その映像をzoomに流すと白バックを映し出すので、モデルさんがそこに立ってないと、ただ真っ白い画面が映るだけになってしまうからです。いつもモデルさんはずっとそこに立っている訳ではないのです。

どうするのがいいか?

PCのインカメと、PCのディスクトップ画面(画面共有)の切換えで十分だと思います
Canonの場合だと、EOS Utilityのリモート画面やDigital Photo Professionalの画面共有で十分だと思います。これなら今までの機材でそのままいけます。 PCのディスクトップ画面共有なら、今、どんな事をカメラマンがやっているかが判るでしょう。撮影の雰囲気を伝えたいのなら、外部接続の安いカメラでカメラ越しにセットすれば全体の様子がわかると思います。出来れば、撮影中のカメラマンの手間を何とかしてほしいです。カメラ側の切換えとズームの切換え、zoomの質問対応が同時に起こってとにかく大変。更に言えば、zoom参加者が多いと、何人もまとめて質問、要望が来るので一人で全員相手にするのは大変。

zoomには、こうしてほしい

PCのインカメと、PCのディスクトップ画面(画面共有)の切換えをボタン一つでスイッチできるようにしてほしいです。今でも切換えは出来ますが、それは2,3ステップの手順を踏まなくては切り替えられません。それも、頻繁にボタン1つで瞬時に共有画面を切換えたいです。共有画面の切換えを1回だけなら今のままで十分かもしれませんが、会議中に何度も 共有画面を切換えたいとなると今のままだと面倒です。

これが予め登録していおいたボタン1つ( ワンステップで )でzoomの画面表示を切り替えられれば便利
・PCのインカメからの映像
・外部カメラからの映像
・使用しているアプリの画面
・PCのデスクトップ画面

撮影現場で写真撮影しながら、Zoomを行うシーンでは、ワンステップで切換えが出来る事がベストです。

zoom内に、その参加者だけに写真データや書類を共有、データの出し入れできるスペース(グーグルドライブやDropboxのような共有フォルダ)があれば、会議に参加しながらすぐにそのデータを見れたり便利だと思います。
zoom利用者にとってストレスフリーになればいいですね。

Canonにもzoomと連動したアプリなど使いやすくしてほしい

今回は、デジタル一眼からHDMIケーブル出力でカメラ映像をUSB(タイプC)ケーブルでPCへ取り込むことができるキャプチャーアダプタを使って、撮影風景や撮影データの確認をzoom経由で行いましたが、EOS Utilityのリモート画面やDigital Photo Professionalの画面共有でも、 キャプチャーアダプタを使わずにズーム会議での撮影チェックやズーム会議に使いやすいソフト、アプリなどがあればもっと使いやすくなると思います。EOS Utilityのリモート画面は30秒で画面表示が切れますが、 U-Tapで繋いだ場合は30秒の時間制限なくzoomに外部カメラとしてデジタル一眼の画像が動画で配信されます。 EOS Utilityのリモート画面でも30秒の時間制限を無くせば、キャプチャーアダプタを使用せずに済むと思います。
カメラから「image.canon」 EOS Utilityのリモート画面 へ静止画・動画を自動転送ではなくて、クライアント側に使いやすい方が良いですね。ちなみに、クライアントからは「ソニー α7で撮影してほしい」との要望がありましたが、canonユーザーなのでそれでも良ければと引き受けました。 sonyのカメラでという要望は、ごくまれにあります。Canonには今後に期待します。


追記

Canonにもzoomと連動したアプリがあっあった「EOS Webcam Utility」

実際にcanonのダウンロードサイトから「EOS Webcam Utility」をダウンロードして、zoomでテストしてみました。使い方は対応するデジタル一眼とパソコンをUSBケーブルで接続して、カメラ側のスイッチをオンにしてから動画モードに切り替えます。その後、zoomを立ち上げてミーティングを開始してビデオ設定のボタンからcanonのカメラを選択すると デジタル一眼からの画像が映ります。音声は、カメラ側のマイクは認識されず、パソコンからとなるようです。パソコンのインカメでは満足できない方には良いかもしれません。

但し、zoom会議で撮影現場をリアルタイムで(要するに、 デジタル一眼でモデルなどの撮影しつつ、それをzoomに表示させ、リアルタイムで撮影した写真を zoom会議の参加者にチェックしてもらう)確認してもらう事は出来ないようです。あくまでも、このソフトはパソコンのインカメの代わりだけの機能という事です。 zoom会議で撮影現場をリアルタイムで確認してもらう為には、HDMI経由のキャプチャーアダプタが必要です。