結論

結論から言うと、逆光でレンズフレアが出るのが致命的。

カメラとしては、相対的に良いカメラだと思います。但し決定的に悪い点は、レンズフレアが発生します。プロカメラマンからすると致命的。いくら良くてもスマホなのでしょうがないですね。太陽に向かって日中撮影していると、良く撮った写真にレンズフレアが出てきます。一眼レフと違ってレンズフードが無いので仕方ないと思います。せっかくの画質がもったいない。

レンズフレア

オートホワイトバランスが時々狂う。

綺麗な夕景、でも、時々、変な色味の写真に写ることがあります。スマホ側で綺麗に見せようとバックグランドで色味の調節を自動で行っているようですが、逆にその調節が裏目に出る場合があります。オートホワイトバランスが狂っていて色味が変で使えません。

iphone12proの良い所は

良い点は、他のサイトで色々と書かれていますので、同じ事をここで書いても重複するだけなので簡単に済ませますが、手軽に写真や動画を撮影できる。という事です。プロカメラマンが仕事で撮影となると、撮影内容によって事前にベストな機材の準備が欠かせません。iphone12proなら、重い機材や事前の準備は、スマホの充電だけです。手軽に撮れるということは、いつでもシャッタータイミングを逃さないという事です。動画の手振れ補正は凄いです。動画については次回でも紹介したいと思います。

総評

iphone12proは、一般の方でもプロカメラマンのような写真や動画が誰にでも手軽に撮れるスマホです。
特に撮影時の手振れ補正、これが夜間や暗い室内などでブレの無い写真や動画撮影が出来る。夜の撮影は驚きだ。
その為、誰でもがプロカメラマンのように撮れるよう様々な機能がバックグランドで作動しています。それが良い結果を出したり、時には、逆効果だったりします。メーカー側で色々なシーンをテストして満足の得られるケースを設定に反映したものが、iphone12proだと言えます。次期iphone13は、さらにその完成度が上がるでしょう。
欲を言えば、GoPro HERO9 Blackのような自動水平補正。例えば海の水平線がやや斜めに写ったり、ビルや建物の柱が傾いていたり、写真や動画を撮影する際に気になる点だ。手振れ補正機能がこれだけ備わっているのだから、自動水平補正もプログラム変更で出来そうな気もする。

次期iphone12proの後継機には、誰でもオートで一般の方でもプロカメラマンのように写真撮影出来るのではなく、デジタル一眼に近い細かな撮影設定が出来る面倒なカメラの方が良いかもしれません。「pro」と言う以上、撮影に面倒な方がそれらしいと思います。

使用後の感想、悪いところは?

カメラの作りは良く出来ているももの、使い続けているうち「あれっ」と思う事もあります。

・逆光でレンズフレアが出る。

日中撮影していると、良く撮った写真にレンズフレアが出てきます。一眼レフと違ってレンズフードが無いので仕方ないと思います。せっかくの画質がもったいない。

・色温度が変な時がある

やや曇りの夕暮れに撮影した写真が、色温度が違うと思う写真になる。同じ風景を一眼レフでも撮影したので比べてみるとやはり全然、違っていました。多分、スマホの画像処理の判断が夕暮れの曇り空の条件で悪い面が出てしまったようです。

・外で写真を沢山撮ると、iCloudへのアップで電池が減る

wifi環境以外で写真を多く撮ると、iCloudへのアップで電池がかなり減ります。スマホの設定でwifi環境以外の時は、iCloudへのアップしないようにすれば良いのですが、変更し忘れると撮影中にスマホが熱くなって電池がすぐ減ります。