一日中の撮影で疲れて帰ってきても、これだけは必ずやる事、それは撮影データのバックアップです。

撮影データのバックアップが一番重要

撮影した写真データのチェックもやりますが、それより大事なのが、データのバックアップ。せっかく時間をかけて撮影した写真も、うっかりデータを削除すると大変な事になります。写真の場合は、もう一度、同じ写真を撮り直す事が出来ない場合が殆どだからです。

私の場合、まずカメラから作業用にパソコン内へ撮影データを移し、それとは別に、外付けハードディスクにバックアップデータを保存します。
この段階では、すべての写真データが未調整のまま保存。アンダー過ぎる写真や、露出オーバー気味の写真、ピントのブレた写真なども含みそのまま保存。それから、外付けハードディスクを外します。
その後、パソコン内のデータで写真の調整、不要な写真などを行います。万が一、データを削除したとしても、外付けハードディスクにバックアップデータがあるので安心です。

また、パソコン内の作業用フォルダに保存された写真データを削除する場合も、念の為、外付けハードディスクにバックアップデータがちゃんと保存されているか確認する事も大切です。外付けハードディスクにバックアップしたと思っていたデータが無い場合を防ぐ為です。

他のカメラマンの場合、このようなバックアップを更に別の外付けハードディスクにバックアップしたり、外部のサーバーにバックアップしたりする場合もあります。

写真撮影の撮り直しが出来ない写真データを無くさない為の方法です。

バックアップ用の外付けハードディスクが壊れたら

外付けハードディスクは案外壊れやすいものです。一旦壊れると手に負えません。重要な撮影データのバックアップは一か所でなく複数個所に分けて保存した方が安心です。ハードディスクのデータ復旧はとても高価なので、それを考えると別の外付けハードディスクを購入して、そちらにもバックアップするのがベストです。ハードディスクはいつか突然壊れます。そうなる前に対策をとりましょう。