最近、目がゴロゴロしたような、異物が入ったような何とも目に違和感を感じます。車を洗ってもわかるように黄砂が原因でしょう。雨が降った後の乾いた車のボディには、いつもと違う汚れ、黄砂が付いています。目には見えませんが、沢山の細かな黄砂が目に入ってゴロゴロした違和感があると思います。目薬を付けると一時的にゴロゴロが解消されますが、原因となる黄砂は部屋にいても入るようで、朝からゴロゴロした目が続いています。

これだけ、目に見えない、室内でも影響のある黄砂なら、高画質のデジタル一眼カメラでも、大きな影響が出ていても不思議ではありません。レンズや、レンズまわりの駆動部、レンズ内部、カメラ内部にも侵入するでしょう。特にこの季節、屋外でのレンズ交換では、黄砂の中でレンズ交換するようで、とても気を使います。出来る事と言えば、外を避けて、なるべく車の中(外よりはましかも)や室内、ビニール袋の中、など黄砂の影響の少ない状態でレンズ交換を行っています。レンズ交換をするときは、カメラボディを真下に向け、極力、重力を利用して重い黄砂がカメラ内部に侵入するのを防ぎながらレンズ交換を素早く行います。

それでも、浮遊する細かな黄砂は防ぎきれず、しょうがないと思っています。黄砂だからと言って、カメラマンとして仕事しない訳には行かないので、メンテナンスやカメラへの細かな気遣いで、最小限に黄砂の影響を抑えたいものです。