色々なジャンルの商業写真撮影をしていますが、撮影現場で、あれば便利な100円グッズを紹介します。

●建築写真撮影などの現場で

スリッパ
新築の建築撮影などの現場では、工事が終わったばかりの室内を撮影する事もあります。靴は脱ぎますが、スリッパが必ずあるとは限りません。マイスリッパを持参していくと便利です。

雑巾
これも、あった方が良いです。少し湿らせた方が良いです。テーブルやステンレスの器具、ガラス面など、どれも新品の建具や機器、そして床ですが、ホコリが被っています。工事中の汚れが付いている事もよくあります。雑巾で拭くと本来の新品の輝きが出ます。写真にもその違いが出ます。キレイに反射する建材の部分が汚れていると写真にも出ます。
三脚の足の裏を拭く時にも使います。室内を汚さないようにします。

ちり取りとほうきのセット
ゴミが床などに落ちていて、そのまま撮影すると目立ちます。後で修整も出来ますが、目につくゴミは掃除しておく方が早いでしょう。小さなちり取りとほうきのセットを持っていき、コンビニ袋に集めたゴミを入れます。よく使います。

ホコリ取りのブラシ
大きなゴミではないものの、ホコリが被っているものは、これでサッとブラシをかけます。映り込みの出る板や机などは、これで良いでしょう。ブツ撮り(商品写真撮影)の商品のホコリ取りにも使います。

●ブツ撮り(商品写真撮影)では

黒のカラーペーパー
ブツ撮りでは、大抵、白か黒の紙をよく使います。その商品にあわせてカットしたりするので、100円ショップの紙は使います。大きなサイズの紙だとペラペラの薄い紙もあるので注意。黒の紙は買っておくといざという時に便利です。

黒のフェルト
光の反射を吸収するので、黒のフェルトも使えそうです。安くて大きいサイズがある。

白い手袋
商品撮影で商品に指紋を付けないようにする時に使います。プリントで納品を希望された場合、プリントを扱う場合にも使います。

●イベント撮影やロケなどの撮影では
カッパ
必ずしも天気が晴れとは限りませんので、雨対策に使います。多少の雨なら平気です。これで安心。

靴のインソール
長時間、またはほぼ1日、立った状態で撮影現場にいるとさすがに疲れます。足から疲れてくるようです。靴のインソールでボツボツのあるものなど、これがあれば足の裏から疲れが緩和されます。

まだ、ありそうですが、何かあれば追記します。