キャノンのデジタルカメラで好きな機能の一つに、デジタルレンズオプティマイザという機能があります。詳しくは、メーカーサイトに説明があるのでここでは省略しますが、簡単に言うと、撮影した写真をシャープに仕上げてくれる機能です。

この機能が使用したレンズにより、使えたり、使えなかったりする事があり、原因がわからないまま時間に余裕のある時でも調べようと思っていました。メーカーに聞いて判った事を共有したいと思います。

あれっ、ツールパレットのチェックボックスが押せない。

ある誤解
RAWで撮影し、デジタルレンズオプティマイザも最新バージョン、撮影時に使用したレンズデータもダウンロード済み、レンズもデジタルレンズオプティマイザに対応したレンズ。
それなのに、rawで撮影した写真が、デジタルレンズオプティマイザの機能を使おうとすると、使えたり、使えなかったりする。なぜ?

RAWデータでも使えない場合がある
先に記載した使用例では、デジタルレンズオプティマイザの使用は出来ますが、全てのRAWデータで使える訳ではないのです。
これが私の大きな誤解でした。

デジタルレンズオプティマイザが使えるのは、RAWデータのみ。
M-RAW、S-RAWでは使えないのです。(JPEG、TIFFもダメです)

私は、RAWデータのサイズが違っても(M-RAW、S-RAW)大丈夫だと勘違いしていました。

撮影の仕事内容によっては、マックスのフルサイズRAWで記録するには、サイズが大きすぎる場合もあり、時によっては、M-RAWだったり、S-RAWだったりを選択する事があります。

今度からは、画質重視の場合には、フルサイズのRAWで記録しデジタルレンズオプティマイザが使えるようにと思います。考えてみれば、小さな写真サイズなら、わざわざ、デジタルレンズオプティマイザを使う意味が無いですね。納得です。

最近の機種では、デジタルレンズオプティマイザを使える

何故ならば、 M-RAW、S-RAWの設定が無くなって、 RAW、 C-RAWになったのでデジタルレンズオプティマイザが使えるようになったのです。