出張写真撮影の時に使うストロボ、コード有のタイプとコードレスのタイプがありますが、コードレスタイプの方が個人的には楽だと思います。ストロボの電源コードやシンクロケーブルが撮影時に邪魔になったり、または、撮影時にカメラからシンクロケーブルが外れて気づかずにそのまま撮影していたりする事もあります。カメラ本体とシンクロケーブルが外れやすいですね。特にカメラを縦位置で撮影していると、シンクロケーブルがカメラの下に垂れ下がる感じになるので、より外れやすくなります。

ポートレート撮影中だと撮影に集中しているので、シンクロケーブルが外れている事に気づかない事もあります。
また、室内で撮影場所を移動する時にも、コードが厄介です。

そんな事が無いのが、コードレスタイプのストロボです。電源はバッテリー式で、ラジオスレーブでストロボを遠隔操作するもの。撮影場所の移動も楽です。カメラ本体とシンクロケーブルが外れる事もなく、ストロボを遠くに配置しても発光してくれます。コンセントを探す必要もありません。
デメリットと言えば、モデリングライトが使えない事と、バッテリー式なので、発光回数が多いとバッテリー切れになる事でしょうか。どこでも持ち運べるのは楽ですね。モデリングライトを使いたければ、広角に広がるペンライトでも代用が効くのでやはりコードレスタイプのストロボが便利です。