ホームページやパンフレットなどで使用する商業利用での室内写真の場合、写真を撮影してみると、なぜか寂しい感じがするのは何故かについてご説明いたします。

新築で開業前の施設などの室内写真撮影では、家具や小物などが全く無い状態が多いと思います。室内は新築なので、どこもキレイな状態です。キレイな状態、室内だからと言ってキレイな室内写真になるとは限りません。そのままの室内では、無機質でなぜか寂しい感じがするはずです。その為には、どこか人の生活や暖かみを感じさせるものが必要です。

例えば、観葉植物や花瓶にさしてある色のキレイな花、ちょっとした置物、小物などがあるだけで、部屋の印象が変わってきます。シンプルな室内がウリの場合でも、ちょっとした観葉植物などがあるだけで変わります。

建築や住宅関係の雑誌など参考にどのような小物、観葉植物が良いのか参考にしてみてはいかがでしょうか?そして実際にその室内に配置してみて、それがあるのと無いのとでスマホなどで写真を撮り見比べてみてはどうでしょう。きっと部屋の印象が変わると思います。


札幌のカメラマンへ出張撮影のお問い合わせ先こちら

————————————————–
電話 090-6260-3832
※お電話での受付時間 9:00~18:00まで
メール niitsu@sapporo.photo
または、oisiiyoo@gmail.com

関連記事

建物・住宅・マンションの撮影
建物の外観写真撮影で注意すべき事
室内写真をキレイに撮影するには