あるクライアントさんから、写真撮影後のデータをチェックしていただいた時、「明るいのと暗い写真があるのは何故か?」と尋ねられた事があります。撮影するカメラマンにもよりますが、私の場合は、適正露出と明るめの露出(露出オーバー)で明るさを変えたものをプラス2パターンくらい撮影します。
適正露出とは、カメラが判断したその場のままの明るさ、実際の明るさで撮影した写真です。

「明るいのと暗い写真があるのは何故か?」のご質問の暗いと思われるのが、適正露出で撮影した写真です。適正露出で撮影されたものを基準値として記録し、明るめも撮影します。写真撮影の基本は、適正露出で撮影するのが本来のやり方ですが、クライアントさんの好みや、写真を使用する用途などを考慮して、明るめの写真を使う事が多いです。

但し、すべての場合がそうではなく、主にブツ撮りや固定された物をなどの場合は、そうしています。ポートレートのようにタイミングが重要な場合は、最初に明るさを決めてその明るさのイメージで露出を設定して撮影します。

rawデータで撮影された適正露出の写真を、撮影後、明るめに現像するよりも、最初から明るめに撮影されたデータのままの方が、画質が綺麗だからです。小さな写真サイズで使用するなら判りにくいかもしれませんが、大きく使用すると、画質が荒れる場合があります。その為、明るめの写真も最初から撮影しています。