実物の色を正確に再現するのは、とても難しい事です。
ここでは、工芸品の色を正確に写真撮影する為に必要とされる事を記載します。

写真撮影前に必要な事

・パソコンのモニターの色を正確に調整する(カラーマネジメント)
・色の再現性に優れたモニターを使用する(Adobe RGBを100%再現できるモニター)

写真撮影の際に大切な事

撮影用カラーチャートとカラーキャリブレーションツールを使う
・色だけでなく、細部もわかるように絞って撮影

最近では、撮影用カラーチャートとカラーキャリブレーションツールを使うだけで、写真撮影時、自動的に色温度や露出などが自動的に調整できるものがあります。

カラーキャリブレーションツールがなければ、以下も行った方が良いと思います。
・ストロボの色温度とカメラ側の色温度設定を合わせる
・カメラの設定を「忠実設定」にして撮影する
・適正露出で撮影

通常の撮影では、厳密な色を求められる仕事が少ないため、こういったカラーマネジメント関連の機材が整った所は少ないかもしれません。需要が多ければ導入するカメラマンやスタジオも増えると思います。

また、仮に正確な色を再現できた写真データがあったとしても、その先の用途(印刷物、ホームページ、プリント)によっては、また別の機器でその色を再現する為、またそこで、色の問題が発生します。

札幌での写真撮影、カメラマンへのお問い合せは

●電話 
090-6260-3832 
「撮影の件で」とお伝えください。
※お電話での受付時間 9:00-18:00まで

—————————————-
●メール 
niitsu@sapporo.photo
または、
oisiiyoo@gmail.com

その他関連記事

カメラマンが撮影した写真を綺麗にホームページ用で使うには
カメラマンの言う「現像」とは