写真のポーズで、真っすぐ、姿勢が垂直というのはダメですね。写真が固く映るからです。ガードが堅いとか、構えているとか、騙されないぞとか、姿勢が良すぎるとそんな写真になります。証明写真のようなポートレート写真は面白くないという事です。姿勢が悪い方が良いという事でもありません。

ポートレート写真の場合、人物を綺麗に撮るという方法と、その人物の内面を撮るという事もありますが、意外性だったり、単なる記録だったりします。撮影するカメラマンによって、これが良いという場合もあります。実際、どの撮影の仕方が良いか悪いか、ピントがボケていない限り、どれも正しいとか間違っているとかは無いと思います。一番は、その写真を見て感じるものがあるか無いか?でしょうか。
強く感じる、考えさせるものがあれば、その人にとっての好い写真と言えると思います。

本題に戻ります。

カメラに対して肩が平行よりどちらかがやや手前、やや傾いている。顔がやや傾いている。要するに肩、顔がカメラに対して平行、垂直ではなく、やや傾いているのが柔らかな人間のポーズとなると思います。少し頭を傾けるだけで体全体としてはやわらなか曲線を得ます。カメラから斜め下や斜め上など、少し顔から上下でその時の表情を試してみてはいかがでしょう。

札幌での写真撮影、カメラマンへのお問い合せは

●電話 
090-6260-3832 
「撮影の件で」とお伝えください。
※お電話での受付時間 9:00-18:00まで

—————————————-
●メール 
niitsu@sapporo.photo
または、
oisiiyoo@gmail.com

関連記事
ポートレート撮影
カメラマンが考える奇跡の一枚、ポートレートとは