冬の北海道で野外の写真撮影で三脚を使う場合、三脚用のスノーシューが必要になります。いくつかのメーカーから発売されていますが、私の場合は、三脚と同じメーカーの「Manfrotto スノーシュー 230」を使っています。数年前に買ったものですが、冬の野外ではとても助かっています。構造は、どのメーカーもあまり差はないと思います。

GITZO のロケーションシューも丸い形のスノーシューに太いゴムで三脚の足に引っ掛けて固定する仕組みです。上の写真でみると、太めのコブのあるゴムが出ていますが、これを三脚の足にくるっと巻いて、スノーシューの反対側にゴムのコブの部分を引っ掛けて止める仕組みです。

構造がシンプルなだけあって殆どの三脚にそのまま使え、他のメーカーの三脚でも使えるでしょう。

_K3A3816

裏側には、丸い円型のツメがいくつかあり、圧雪路面でも三脚の足が滑ることがありません。よく出来ています。柔らかい雪の上では、もちろんある程度は沈みますが、十分に機能して撮影が出来ます。冬の屋外の撮影におススメです。

_K3A4100

圧雪路面

_K3A4017

柔らかい雪の上

三脚用スノーシューがあれば、雪の上だけでなく、海岸、砂地、地盤の悪い場所でも三脚が安定して使えます。