写真撮影で使用するレリーズ選びについて考えてみたいと思います。選択肢として、カメラメーカーの純正品と純正以外のレリーズに分かれます。

レリーズはどれも同じ?

普通に使えれば安いに越したことは無いと考え、純正以外のレリーズを購入した事があります。カメラ用品を多数販売している国内メーカーのものだったので信用して購入したのですが、実際に使用してみるとレリーズのケーブルが硬く太めでした。ケーブルが硬いというのは、撮影中でも気になるもので妙にケーブルの線の形にクセがついている状態でした。暖かい所に置くとケーブルが柔らかくなるかと思い試してみましたが、スーッと伸びないでまだクセが付いていました。

それでも1年近く使用していましたが、ある日の撮影でこのレリーズを使いシャッターを切ると、切れない。レリーズボタンを押しても全然切れないので、コードが外れていないかコードを触っているとシャッターが切れるようになりました。その後の撮影でも何度かそういう事があり、撮影したいタイミングでシャッターが切れない事が良く発生するようになりました。原因は、コード内の断線です。レリーズのコネクタ部分とケーブルの継ぎ目も表面のケーブルが切れ、中の線が見えてくるようになりました。ケーブルが硬いのでこういった部分にも負荷が掛かるのでしょう。カメラマンとして仕事でやっている以上、シャッターを押したタイミングで写真が撮れないのは最悪です。

また、レリーズのコネクタ部分とカメラ本体との接続が緩いので、カメラを縦位置で使用するとコードの重みで、繋いであったレリーズが抜け落ちる事があります。

それ以外にも、レリーズのボタンを押すとロック状態でないのにボタンを押したまま戻らなくなる事も何度かありました。

まとめると
●純正品ではないレリーズの場合
・コードが硬い
・ケーブルの断線
・レリーズのコネクタ部分とカメラとの接続が緩い
・押したボタンが戻らない

その後、カメラメーカーの純正品のレリーズに買い替えました。値段はやや他の商品より高めでしたが、物はやはり全然違います。まず、コードがしなやかで寒い季節、屋外での使用でもレリーズケーブルは柔らかいままでコードに変なクセも付いてません。これだけでも今までのレリーズと使用感が違い感動しました。
撮影したいタイミングでシャッターが切れないという事も無く、普通に機能する事の凄さを感じます。また、カメラ本体とレリーズのコネクタ部分もしっかりしており、カメラの縦位置、横位置の際も撮影中にレリーズのコネクタが外れる事もありません。純正品のレリーズを3年以上、使用していますが、ケーブル内の断線は発生していません。耐久性も優れているようです。

やっぱりカメラメーカーの純正品が良いようです。

あれから6年使い続けてどうなったか?

追記、あれから6年、canonの純正品のレリーズは、問題なく今も使用を続けています。コードやスイッチの耐久性が良いのでしょう。やっぱり安物よりも純正品。私はそうしています。