プロフェッショナルモデルとハイアマチュア向けカメラ

仕事以外で、一眼レフカメラを趣味で使っている方にお奨めしたいカメラがあります。個人的にキャノンユーザーなので、ここではキャノンのデジタル一眼カメラの中からご紹介していきます。

そもそも「ハイアマチュア」向けカメラという言い方が抵抗ある

カメラメーカーには、直してほしい 「ハイアマチュア向け」カメラというジャンル。でもレンズだけは何故かプロフェッショナル。

ハイアマチュア向けカメラと言っても、世界中の多くのプロカメラマンでも普通に使用しています。キャノンだと、プロフェッショナルモデルは、EOS-1D X Mark IIIだけになりますが、ニコンでも同様で一般的なカメラより耐久性や連写性能、拡張性などが優れている点が挙げられます。報道系のカメラマンのように毎日、カメラを酷使する事がなければプロフェッショナルモデルは必要無いと思います。決して他のハイアマチュア向けカメラが劣っている訳ではありません。プロフェッショナルモデルの方が様々な部品が丈夫なような気がします。例えばゴム類、パッキン。ハイアマチュア向けカメラだとそれ程丈夫そうではない感じですが、 プロフェッショナルモデルはゴム類、パッキンもしっかりしている印象です。毎日、開け閉めしても問題ないし、外れにくい、水が浸入しにくい等。そういうちょっとした違いが全てのパーツで言えるのでしょう。ただ、画質や写真撮影の性能はさほど変わらないと思います。

EFマウント系か? RFマウント系か?

既にキャノンのデジタル一眼をお使いの方は、今までのレンズをそのまま使える「EFマウント」系のカメラを選ぶのが良いかもしれません。「RFマウント」系のカメラでもマウントアダプターなど使えば今までのEFマウント系レンズを使えますが、段々と使っているうちに「RFマウント」系のカメラ本体が欲しくなると思います。

初めて一眼レフカメラを購入される方は、新しい「RFマウント」系のカメラ本体をお勧めします。今後、キャノンのカメラは「RFマウント」系のカメラがメインとなってくると思われるからです。関連してレンズなど新製品が色々出るのもこの「RFマウント」系です。撮影したい内容から交換レンズを揃えていくと良いと思います。何を撮るにしても標準レンズは使い勝手が良いので、標準レンズキットから始めるものお得かも知れません。

個人的には、 これからを考えると「RFマウント」系 かなぁ。値段が高いのに高級感が無くアマチュアのデジカメっぽく見えるけど(カメラ知らない人から見ると安いデジカメで撮影しているみたいに見えるのが不満)、軽さ、コンパクトなのに性能や使い勝手、持ち運びはプロ級です。

軽いカメラが良い

外にカメラを持ち歩いて撮影するなら、軽いカメラが一番良いでしょう。重いカメラ、大きなカメラは持ち歩くには段々と億劫になってくるでしょう。肩や首にもカメラの重みで長い時間持ち歩けば歩くほど負担になります。趣味で撮影に出かける場合は、出かける前に撮影するもののテーマや撮り方を決めて余計なレンズを持たない事がより撮影に集中できる環境になるでしょう。重い荷物が邪魔に感じる事も無くなります。

どのカメラが良いか

予算次第ですが、何を撮影するかによってカメラやレンズ選びが変わります。必ずしも高いカメラが良いとは限りません。沢山の不要な機能にお金をかけるよりも、撮影したい内容に合わせて必要な機能を備えたカメラやレンズを選択した方がコストパフォーマンスが良いと思います。またカメラ本体の性能に目が行きがちですが、レンズ性能も写真画質に大きく影響します。そこそこの性能のレンズと高いレンズでは、画質が全く違います。レンズ中心部のシャープネス、ボケの綺麗さ、画面端の画質や歪み、コントラストなど、どれをとっても違います。

有効画素数は、そんなに重要ではない

そもそもそんなに大きな画素数が必要でしょうか?例えば、有効約5060万画素なら駅に貼ってあるタタミ一畳ほどのポスター(B倍サイズ)が出来ます。こんなに大きなサイズでも画質が繊細に表現できています。1枚の写真データも重くなります。撮影後のデータを何に使うかにもよりますが、普通に趣味で楽しむなら、そんなに大きな有効画素数は不要だと思います。2010万画素程度で十分だと思います。

私が仕事で撮影する場合は、カメラ設定のL、M、Sサイズの内、殆どがSサイズで記録しています。クライアント側がそんなに大きなサイズを必要としないからです。大きな写真データは、データを送るもの、使うのも作業が重たいだけで使い勝手が良くないです。本当に必要なサイズがあれば十分だと思います。逆にLサイズでクライアントに納品した事もあります。「どんなサイズでも使えるように」との要望があったからですが、データが重い、ダウンロードが大変などクライアント側から言われます。結果、大きなデータはクライアント側でも使い勝手が悪いので評判良くないのが現実です。但し、数枚程度なら大きなサイズでも良いのでしょう。

目的と予算にあわせて、それに必要な機能を持ったカメラが良いでしょう。必要以上の機能は宝の持ち腐れです。

高いカメラほど数年後、売る時に安くなる

カメラ本体だけで50万、60万する高価なカメラほど数年後に売る時は驚くほど安くなります。それを考えるとカメラ本体で30万以内のカメラが良いかも知れません。ある程度使い込んで3年後あたりに新しい機種に買い替えると、それ程買い取り価格も下がらなくてトータルで考えお得且つ、最新機能を使い続ける事が出来ると思います。カメラは機械ですから、時代とともに段々古くなっていきます。