朝ドラを見ていたら、ウヰスキーが飲みたくなった。皆さんそうだと思います。休日、早速、買い物がてらウヰスキーを買いました。シングルモルトです。シングルモルトは特に美味しい。ボトルにも書いてありましたが、本当にフルーティーな香りがして、ドラマのせいかリンゴの香りもしたような、そんなウヰスキーです。

北海道の人なら、「余市」と言う時に、「よいち」と「よ」と「い」と「ち」を同じ音の高さで言いますが、北海道以外の人が「余市」と言う時は、何故か?「よ」の音だけ高く発音し、「いち」は普通に発音します。なんで「よ」だけ高い声で言うのか不思議です。

_K3A7665

せっかくなので、ショットグラスを探していたのですが、なかなか見つからず、やっと見つけた霧子のショットグラスを丁寧に磨き直してウヰスキーを注いでみました。磨きに磨いた霧子のショットグラスは本当にキレイで、このウヰスキーにぴったりです。霧子ガラスの文様から見える琥珀色のウヰスキーが何ともいえず、磨きがいがありました。ストレートで飲むならこのグラスの大きさが丁度いい大きさです。

お正月に食べ残したスルメの足もあぶってみました。古いのであぶり過ぎましたが、これも良い感じです。ソーダ割りも試そうと大きなグラスも用意して、テーブルの上は、ちょっとした自宅酒場放浪記のような状態です。また、ドラマの続きが楽しみです。



撮影の裏側
簡易ミニスポット光での撮影の仕方

●過去の関連ブログより
余市と言えば、ウヰスキー工場、フルーツ、そして燻製。
一万円の鮭の燻製を買った時の話