デザイナーの為のプチ写真講座2

札幌カメラマンのブログ

RAWデータのススメ

カメラマンから撮影後のデータをもらう際に、一般的にはjpgやtiff、またはeps形式のデータで渡されると思います。

私がお奨めなのは、rawデータです。
もし、カメラマンがデジタル一眼で撮影する場合、カメラのデータ保存形式をrawデータに設定しているなら、rawデータでデータを貰う事をお奨めします。大半のカメラマンがrawデータに設定して撮影しているはずです。

rawデータで貰うメリットは、何と言って画質です。jpgなどに書き出された写真データを元に、デザイナーが明るさ、コントラストや彩度、サイズ、シャープネス、ヒストグラム等を調整することは良くある事です。しかしそれでは加工した写真データの更に加工した写真となり、画質は劣化します。
特に、明るさを変える場合、jpgで写真全体の明るさを変えるのには、限界、ムリがあります。rawデータなら、撮影時に明るさ(露出)を変えて明るく撮影したかのようにすることが出来ます。

明るさの調節以外でもコントラストや彩度、特定の色(グリーンだけとか、赤だけとか)の調整、サイズ、シャープネス、ヒストグラム等を調整するならば、画質の劣化も抑えられます。photoshop等の画像ソフトなら最新のrawデータも扱えます。(古いバージョンの画像ソフトでは最新のrawデータに未対応の場合もあります)各種の画像形式への書き出し、dpiの設定も行えます。

rawデータは、写真撮影時の生データです。カメラマンの中には、rawデータに手を加えてjpgデータなどに書き出して渡す場合が殆どですが、rawデータをそのまま渡す事に抵抗のあるカメラマンもいます。

rawデータは、圧縮されていないデータなので、それも高画質の理由です。rawデータでもらえるようであればお奨め致します。
無理なら、カメラマンと一緒に現像(rawデータから他の写真形式に書き出したり、写真の微調整を行う事)を一緒に行うと良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました