デザイナーの為の写真撮影プチ講座です。

ブツ撮り撮影は、背景でイメージが変わる

前回、ブツ撮り撮影の場合、背景でイメージが大きく変わる事を説明しましたが、具体的に写真でご説明いたします。
大きなブツ撮りを除いて、小物のブツ撮り(商品撮影)の場合、背景を変える事は比較的容易です。もちろん、撮影する商品自体に手を加える事はありません。そこで背景が商品のイメージを変える大きな要素となります。

課題
背景でどう商品のイメージが変化するか?

例題
ガラス製の器
背景のみを変えて撮影

ここでは、ガラス製の器を例に撮影してみました。ライティングやアングルはほぼ同じ条件で、背景のみを変えて撮影してみました。撮影後、全体のイメージがどう変わるかを検証します。

白バックと黒バックの場合(クリックで写真拡大します)

白バックは、もっとも使わる背景です。あらゆるブツ撮りに対応でき、角版や絞りを変えてキリヌキにも対応出来ます。あらゆる商品自体の色や柄にも対応できる背景色です。ただ、角版のイメージ使用には物足りなさがあります。

黒バックは、白バックでは、撮影する商品と背景の白との輝度比が高い場合に有効な背景色です。商品自体の色や柄を引き立たせる効果もあります。

では、これ以外に和紙などの色紙を使って背景を変えて撮影するとどう商品イメージが変わるでしょうか?
撮影してしてみました。(クリックで写真拡大します)

商品をイメージ依りに撮影する場合、または、その写真が使われるデザインイメージの一部として背景の色を変えて撮影します。例えば、薄いグリーンの背景は新緑の季節や暑い夏に涼しげな商品イメージを与えます。それ以外の色では、ギフトや高級感のある印象も作り出せます。

同じブツ撮り(商品撮影)でも背景を変える事で、商品のイメージが全く異なったイメージになる事がわかるかと思います。但し背景はあくまで脇役です。主役の商品より目立ってはいけません。柄物の和紙を避けたのもその為です。商品より背景の柄が目立ってしまわないように背景を選んでいます。

予め撮影イメージを決めておく

撮影中にこの背景、あの背景と変えるより、予めイメージを決めておかないと迷うばかりで撮影にも無駄な時間が掛かります。撮影した写真を使用する全体の色彩バランスや季節感から判断するのも良いでしょう。

今回の例は、ガラス製の器でしたが、それ以外の商品撮影にも言える事です。撮影前に撮影のイメージを固め、撮影前の準備を行う事をお奨めいたします。
背景紙の色が、商品に色被りの影響を与える事があります。その場合は同系色の背景紙が良いでしょう。

撮影用の小物を準備しておく
撮影イメージが固まったなら、撮影用のカット毎に合わせて、撮影用の小物を買いだしに行って来る事でしょう。撮影用の背景や小物は、ブツ撮りの脇役ですが、引き立て役でもあり、メイン商品との色のバランス、大きさ、引き立て役としての控え目な存在感など全体をトータルでイメージして選ばなければなりません。デザイナー自ら探す方が撮影現場でイメージ通りのものが撮影出来るでしょう。撮影用の小物選びにもセンスが求められます。